リサーチ会社が蓄積したノウハウを元に企業研修をやってみたら思いの外好評だった
見出し画像

リサーチ会社が蓄積したノウハウを元に企業研修をやってみたら思いの外好評だった

電通マクロミルインサイト(以下、DMI)では、マーケティングリサーチのスペシャリストが提供している企業向けの研修を実施しています。

リサーチのスペシャリストが企業の課題に応じて内容をカスタマイズし、これまでの経験を元に実例などを交えながら座学研修、グループワークなどの研修プログラムをご提供しています。
今回は、カービュー様、シロク様の2社に実施した研修内容をご紹介致します。

事例①:株式会社カービュー様

株式会社カービュー様は、自動車およびカーライフに関するイーコマース事業、インターネットメディア事業、ならびにそれらに付随するサービスの提供している会社です。
カービューという日本最大級の自動車サイトの運営で知られています。

研修概要

マーケティング本部の方々、総勢27名にご参加いただきました。
プロダクトアウトではなくマーケットインの思考をもってマーケティングをしていく力を養いたいという課題に沿って、以下のプログラムでの2日間の研修を開催いたしました。

 1日目(2時間)のアジェンダ
 ・座学:顧客起点のマーケティング戦略
 ・個人ワークのオリエンテーション
   ~テーマ:世の中の潮流から新商品・サービス案を考える
 ・個人ワーク

 初日は、座学としてマーケティング戦略の考え方をお伝えいたしました。
時代背景の変化、世代交代による価値観の変化、未来トレンド・予測を踏まえた生活者理解をベースに戦略を立てることが重要となります。
これはDMIのリサーチャーも重視している考え方で、エッセンスを座学としてお伝えしました。
座学のあとは、世の中の潮流から新商品・サービス案を考えるというテーマでの個人ワークを行いました。

 2日目(2時間)のアジェンダ
  ・チーム内でのグループワーク
  ・グループワークの発表、質疑応答
  ・座学:マーケティング戦略の検証技術

 2日目は、個人ワークでのアイデアをグループでシェアし、優れた案を1つ絞り込んでブラッシュアップしました。その後、グループごとの発表、質疑応答を行いました。
グループワークは、同じ条件下であっても参加者個人の着想点の違いから様々なアイデアが表出し、そこからひとつの商品開発案に集約する議論が盛り上がりました。
最後にまとめとして、立案したマーケティング戦略を検証するためのユーザー調査の設計方法についての講義を行い、2日間の研修を終えました。

2021-06-01_マーケ研修画像1

カービュー様向けの研修資料の抜粋です

参加者から頂いた感想

アンケートでは、以下のような感想をいただきました。

・時代が激動していて団塊世代とZ世代では異次元の価値観を持っていると日々感じます。そういった背景も踏まえてマーケティングに活かす面白さを知ることができました。戦略プロセスを細分化して解決したい課題をブレさせない重要さも改めて実感しました。(30代・女性)
・マーケティング初心者のため、分からないマーケ用語が多数出てきたらどうしようと思っていましたがとても分かりやすかったです。貴重な時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました。(30代・女性)
・目の前の課題に注目しがちでマクロ社会の観点から物事を考えることは中々できていなかったという気付きがありました。(30代・女性)
・時代背景やトレンドについて意識していたもののもっと踏み込んで考えるきっかけとなれてよかった(20代・女性)


事例② 株式会社シロク様

株式会社シロク様は、N-organicというブランドの運営や、アプリデベロッパーの経験を生かした、スマートフォン向けのマーケティング支援を行っている企業様です。

ブランド事業部の社員の方々に対して、「生活者起点の思考トレーニング、マーケティング戦略の考え方」というテーマで1日の研修を実施しました。研修概要


研修概要

ブランド事業部の社員の方々に対して、「生活者起点の思考トレーニング、マーケティング戦略の考え方」というテーマで1日の研修を実施しました。

シロク様 研修のアジェンダ
1.生活者起点のマーケティング戦略とは
2.戦略のプランニング
  ① ターゲット(だれに)の設定
  ② 商品の提供価値(何を)の定義
  ③ 商品のプロモーション(どのように の計画
3.個人ワーク・グループワーク(商品開発アイデア)

前半は、弊社のシニアリサーチャーが講義を行いました。
生活者思考のマーケティングとはなにか、という概念からスタートし、マーケティング戦略の実務につながるプランニングの考え方を具体的な事例とともにお伝えしました。
後半は、「基礎化粧品」 というテーマで 「新鮮な」 新商品のアイデアを考えてください。というテーマで、個人ワーク⇒グループワークという流れでケーススタディを行いました。
既存の商品や講義での紹介事例に必ずしもとらわれない斬新なアイデアが多く、議論・発表ともに盛り上がりました。

2021-06-01_マーケ研修画像2

シロク様での研修資料の一部のページです。
ターゲットの設定の重要性を説明しています。

参加者から頂いた感想

アンケートでは、以下のような感想をいただきました。ブランド事業のマーケを担当している社員の皆様にも満足いただける内容になりました。

・今回はありがとうございました。改めてターゲットを中心に考えることの重要性を考えさせられました!(20代・男性)
・重要な内容が凝縮されたワークで、とても勉強になりました!とてもわかりやすいお話で業務のアクションを改善できそうです!(20代・女性)
・プロダクト設計は弊社の中でもそうそう携われる業務ではないので、上流から訴求を考えるという意味でとてもいい機会でした。ありがとうございました!(20代・男性)

まとめ

今回は、カービュー様、シロク様の2社に実施した研修内容をご紹介致しました。いかがだったでしょうか。
DMIでは、通常のマーケティングリサーチのご相談はもちろんのこと、マーケティング研修のご相談もお受けしております。以下のサイトにあるフォームから気軽にお問い合わせください。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今回の記事が良ければ、「スキ」や「フォロー」をよろしくおねがいします。

よろしければシェアもお願い致します!
電通マクロミルインサイト(DMI)の公式noteです。DMI独自の視点で分析・解釈したマーケティングコンテンツを発信していきます。デジタルマーケ、データマネジメント、未来予測、生活者理解などがキーワードです。ぜひフォロー、スキをしていってください。